反省の意味

10月17日

坊主中原です。
わかってないようです。全然わかっていません。世間からはとうに見放されていますが、もう誰も手を差し伸べてくれる人など現れようが無いくらい、救いようの無い状況にさらに自ら落ちていってしまいました。自業自得を通り越して、これが切腹の意味だったのか?と、それなら納得しますけど。
謝罪会見と思いきや、本心からの謝罪ではなく釈明と言い訳、不満気な態度。許せないのが「ウソ」。「反則の指示はしていない」だと(怒)!

http://jp.youtube.com/watch?v=jGZ8uaL1DGU 
(前回のコメントのアドレスはyoutubeに削除されているので、こちらを見てください)

これが動かぬ証拠だし、これを受けて処分が下ったわけなのに、なんて言い草だ!この会見も当の本人は何もしゃべらないままだし、反省も謝罪もしたうちに入らない。おまけに父は亀田家のあの自分さえ良ければよいスタイルを「あれは変えない」、パフォーマンスも「わかりません(変えたくありません、でしょう)」と言い切った。自分たちがなぜ批判されているか理解していないのだろうか。所詮彼らに反省や一般常識を期待していた世間が、まんまと一杯食わされたということか。どうせ反省してないし、開き直るのならば、金色の衣装で金髪で出てくるくらいの度胸を見せてほしかった。会見後はさらにバッシングが強まってるし、なんのための会見だったのか中途半端。

若いうちは、確かに方向を見失って暴走することもあるだろう。まだ犯罪でなかっただけよかった。しかし、悪いことは悪いし、それを諌めるのが親の役目ではないだろうか。また、息子の頭を押さえつけてでも頭を下げさせるのが正しい姿だ。しかし、息子にしてみれば、親の言うとおりに発言し、反則し、試合後は逃亡したのにもかかわらず、坊主にさせられ会見場に引っ張り出されるなんて、そのくせバッシングは収まらず、実は父に怒り心頭なのではないか?今回の一件で親の役目を考えた人は多いはずだし、その点では亀父の存在意義はあったかもしれない。でもその点だけだな。
「他人の振り見てわが振り直せ」そうします。

このページの先頭へ