日曜希望患者と無断キャンセル

12月10日

中原です。
12月、皆さんも忙しいですか? 当院は日曜も診療しているのですが、平日は来られないという患者さんが大変多く、ご希望通りの予約がなかなか取りづらくなっています。いかに日曜診療の需要が高いかを身をもって実感しているとともに、それに応えなくてはという責任を感じています。

しかし、いいことばかりではありません。無断キャンセルがとても多いのも日曜の特徴なのです。大事な休日ですもん、そりゃ予定が入るのはわかりますけど、せめてわかり次第なるべく早くに連絡してほしいものです。今日も先生の人手は余っているのに患者さんがいない時間帯が割りとありました。特に痛いのは1時間以上の枠を押さえているのにキャンセルというパターンです。その日の予約が取れず、泣く泣く次の週や中途半端な時間に回されてしまった患者さんが居ることを意識してほしいのです。特に今年は私が講習会をかけもちで参加していたりして、土日は月の半分しか診療できなかったりもしています。私の学習意欲がそがれない限り、恐らく来年以降もそのようになると思われます。となると、特に日曜を希望される全ての患者さんを診るのは不可能になってきますから、今後はきちんとお約束を守っていただける方を優先せざるを得なくなります。

来年は何のコースに通おうかなぁ。と今からワクワクしています。

このページの先頭へ