日曜診療 月2回に

02月13日

rock
中原です。

「スクール・オブ・ロック」というDVDを観ました。ダメなロッカーが友人の教員になりすまして名門小学校の非常勤講師として入り込んだものの、教えられる事は何もない。しかし音楽の時間にクラシック音楽を上手に演奏する子供達をみて、この偽教師はひらめいた。こいつらを自分のバンドメンバーにしてしまおう!校長や親に隠れて授業をするもロック史と演奏ポーズとひたすら実技(練習)。しかし、子供達はそれぞれの秘めた才能を存分に発揮し、そこに楽しみを見出していく。途中でばれて学校をクビになるも、子供達はこのダメロッカーを引き連れてバンドコンテストに自ら出向き、最高のパフォーマンスを繰り広げる、反対した親も最後はノリノリで万々歳という内容。

まぁ所詮B級映画なんですが、主人公が「あいつらは格好だけの偽ロックだ!本物のロックは心の底から湧き出る心だ!」みたいな事を言ったのが痛快でした。反抗心…、必要だと思います。他の人と同じ金太郎飴のような人生は嫌いだし、仕事においても何か違う視点でものを見ていきたいと常に考えています。ドルフィン歯科に期待されているニーズはわかっていますが、あえてそれに反するけれど自分の満足できるようなことを目指していく道を選びたいところです。

もっと色々な講習会に出たいので、4月をめどに日曜診療を月2回に減らします。今も予約はだいぶん先まで取れない状態ですから、日曜のみしか来られないという新患の方はしばらく受け付けない事にせざるを得ません。「数と質」のバランスをとってこれまで10年間やってきましたが、良い治療をしたいと思ってもコンビニみたいなことだけを期待されるというのもなかなか辛いものがあります。最近そういう信頼関係の築けないまま治療を行うという特に嫌な出来事があったこと、それがきちんと真面目に来て下さる患者さんの時間を逼迫してしまっていること、日曜診療を掲げる歯科医院も増えたことで、踏み切る決意がつきました。自分の使命は自分にしかできない治療で、信頼してくださる患者さんを全力で救うことだと思っています。「質」は崩したくないということであしからずご理解下さい。私なりのロック魂です。

このページの先頭へ