ハゲタカ

06月11日

T0007186a

歯科医師であると同時に経営者でもある以上「仕事とは」といつも考えてはいることなのですが、今日は自分のリーダーとしての資質を考えさせられることがあって、悶々と嫌な気分で仕事を終えました。性格的にはリーダーというよりは独りの職人であり、ついつい目の前の仕事をいかに上手に仕上げることで患者さんの満足につなげるかを追求してしまっていたりします。

自分の仕事で「劇的に」効果を上げて、喜んで下さる患者さんを前にすると、とても嬉しいものです。実際かなりマニアックな仕事をしている時もあり、それが他院と違う結果につながっていると評価されるのは喜ばしいことではありますが、その分スタッフには「偏屈おやじ」と思われてしまっていることでしょう(面と向かって言われたわけではありませんが)。実際、変なこだわりがあるところとないところがあって、スタッフには苦労をかけています。

移転後の今の医院は人も入れ替わり再スタートを切ってまだ3ヶ月、組織としてまだまだ成熟していません。今日も「子供じゃないんだから、そんなこと言わないといけないの・・・」と口にしてしまいましたし、私も含めて患者さんたちに十分な満足を与えるところまで達していないと思います。それでも全員が「頑張ろう」という気概を見せてくれていますし、実際とても頑張ってくれています。リーダーとして未熟な私についてきてくれる皆には本当に感謝しています。


仕事を終えたら、無性に気分転換がしたくなり、ひとり映画のレイトショーにいってきました。

「ハゲタカ」以前NHKの連続ドラマで大人気だったあれの続編です。NHKのドラマは秀逸な出来でしたよね。で、映画ですが期待通りでかなりよかったです!ドラマは観たけど映画はまだ、という方にはお勧めです。
映画の中で柴田恭兵が仕事の原動力には「憧れや夢みたいなものが必要」というようなことを言います。そして最後にはそれをもって次のステップへと進んでいこうとします。映画を観終えて、自分は歯科医療という仕事が好きだし仕事の原動力にはこの先何十年も事欠かないな、と苦笑いしてました。

さて、明日も仕事がんばります!

このページの先頭へ