保険医協会

08月04日

8月1日(土)2日(日)は実野塾第3回でした。

今回はシャープニングをみっちり練習したようです。
シャープニングのコツをのみこんでくれたら、それはそれはやりがいにつながりますよ。なんていったって、歯石が取れるようになる。

一般の方にはわかりにくいと思いますが、スケーラーという道具を使って歯石を取るのですが、それはキンキンに砥げていたほうがよいという話です。しかし、それをきちんと砥ぐというのが難しいのです。

私は医院カルテ用コンピュータを入れ替えたので、その準備に来てくださっていたデンタルシステムズの樋口くんとずーっと一緒でダラダラしてました。まぁ草むしりとかホースを買いに行ったりして水まきとかですね。あとの残りの時間で本を読んでました。

土曜は実野塾の後、千葉に急いで移動し、保険医協会で歯周病とインプラントの講演を聴いてきました。歯周病医は日本大学の伊藤教授、インプラント医は幕張開業の古賀先生(当院からも患者さんを紹介しています)でした。とても楽しく、藤田先生は興奮していました。興奮冷めやらぬうちに本でも買ってみたりするのかなぁ・・・。

日曜も樋口君は朝から夕方までみっちりと仕事をしていってくれました。おかげでなんとか今日の診療に間に合うことができました。ありがとう!

このページの先頭へ