浄水器が本設置になりました

09月15日

いくら上水道とはいっても、まったくきれいな水ということはないです。あの、透き通ったきれいな水の中にも細かな汚れがたくさん入っています。もちろんそのまま飲んでも全然問題ないことは承知ですが、我々のように水を多用する機械を使っていると、その汚れが毎日少しずつ沈殿し、細いチューブが詰まってしまうことになります。これがとても悩ましい問題なのです。

歯を削る道具は、ダイヤモンドの欠片を金属の棒の先に埋め込んだダイヤモンドバーを空気圧で高速回転させるエアータービンや電気モーターで回転させるコントラアングルなどに挿して使います。歯を削るときには当然摩擦熱が発生しますが、これを冷却するため、バーの目詰まりを防ぐため、削ったところの洗浄のため、水が勢いよく噴射されています。

冷却できないと、まず歯が熱をもち神経が死ぬことがあります。バーも熱でやられてしまって長持ちしません。削った箇所も洗い流されずによく見えないままです。とにかく悪いことだらけです。

で、お口に入る水ですからきれいに越したことはありませんね。
今回、建物全体に入る水を濾過するフィルターを取り付けました。2ヶ月前に貸出用のを取り付けていましたが、きちんと効果も出ていたので一回り大きなやつを本取り付けしました。

なんとなんと、朝の9時から始めて夕方6時前まで、大変な工事でした。アクアフィールドの方々、本当にご苦労さまでした。これでこれからも安心してきれいな水が使えると思うと感激です。

スタッフルームには更に浄水器が付いていて、塩素やトリハロメタンなども除去されたとても美味しい水が使えます。これがたしかに美味しいんです。
こんなにいい水が飲める日本ってすばらしい国です。

このページの先頭へ