月星先生の言葉

01月25日

p_doctor02クインテッセンス別冊YEAR BOOK 2010
初っ端の記事は月星先生の若手歯科医師に向けたロングインタビューでした。

既に開業11年の私にとっても、為になるいいこと書いてありましたよ。

日本の歯科医師のステイタスは欧米諸国に比べ、あまりに低すぎやしないか。しかし、日本の歯科医師が勉強する人しない人の二極化が進んでいる今は仕方ないが、やはり今後に向けてがむしゃらにやらなきゃ駄目だということ。

以前はあんなにやっていた歯周外科も、今ではめっきりやらなくなったと書いてありました。あれ?これって山本先生(Dr.HIRO)も同じこと言ってたなぁ。その山本先生。デンタルハイジーン1月号にまたいいこと書いてありましたよ。やはり勉強しなきゃ駄目だと。俺はこんなにやってるぞ、楽しくて仕方ないぞと。

そうなんですよ。やってる人はやってます。私の周りにもたくさんいます。でも、やってない人はそれ以上にたくさんいます。でも、自分がどうありたいか?それを考えればどうすべきかの答えは出ています。

月星先生は「(しゃべれる)英語力」に言及していました。ごもっとも。

この記事だけでも価値のある1冊でした。
これで私も自分の目標がより一層FOCUSされました。

次回の院内ミーティングはスタッフみんなの「目標」の再確認および修正にしようっと。

歯科衛生士の方、どなたか応募してきませんか?来年度に向けて、歯科医師を増員予定なことに加え、メインテナンスの患者が増えて困っているので、歯科衛生士が必要です。新卒も歓迎します。

それと!
土曜終日と平日7時過ぎまで勤務できる受付助手の方、ぜひご応募ください。経験者優遇かな・・・。

このページの先頭へ