CTの威力

01月31日

ご無沙汰してしまいました。ここのところ忙しくて、あまり寝てません。
明日(もう今日ですが)は日曜なので、朝から中野で勉強会に参加した後は、おとなしく寝ます・・・。で、また原稿書かなくては(汗)。

今日は先日撮ったCTのことを書いてみます。
習志野のスマイルデンタルクリニック院長、高峰先生からご子息のCTを撮ってほしいと依頼されました。なんでも、矯正治療にあたって埋伏した犬歯を引き出すらしく、情報が『見たい』とのことでした。

トロフィーパンプラスにて撮影し、ソフトの操作のみ教えて差し上げてご自身で確認していただきました。私は診療していたので、後日DVDに焼いてお送りすると約束し、とりあえず紙にプリントして診療後に眺めていたら・・・。たまたま上顎正中過剰歯がみつかりました。あれ?っと気づいてよかったです。

高峰先生も犬歯しか見ていなかったようで気づいておらず、急いで携帯で撮影し先生の携帯に送り、見てもらいました。これがその写真です。歯も過剰歯もくっきり写っています。

歯科医師会の生涯研修委員会役員でCTの話になったのですが、青柳先生、平野先生、亀田先生、私と、8人中4人がCTをもっています。CTあるとないとでは大違いです。診療への自信がガラッと一変しますよ。F1010043

このページの先頭へ