グズな僕だけど

03月25日

51V3K0b5RzL__SL500_AA240_私はグズだ。グズはいかんと思い、克服すべく、その手の啓発本や雑誌を数冊買ったものだが、結局直らない。そもそも、その性格を直そうって気がない とはまさかここでは書けないが、ここまできたらもうそんなところなんだろう。

なにをしているのか?遊んでいる。朝起きたら新聞を読む。楽 しい。最近は新聞を読まない人が多いようだが(勝間久代氏も読まないらしいが)、あれを隅から隅まで毎日読めたなら、かなり物知りになれる。私はパラパラ としか読んでませんけど、新聞ってそう考えたら安いですよね。
仕事に行ったら、それはもう最高の遊び場。仕事を辛いと思ったことがない。もともと 手先を使う仕事に就きたかったので、細かい作業は苦ではない。しかし、そこに力を注ぎすぎて、仕事を終えた頃には力尽きていることがしばしば。診療後はカ ルテチェックや一日のことを考えながら、院長室のいすでうつらうつらしていることも多い。
問題は、私に休日がほとんどないことくらいだろう。クリ ニックは日曜祝日休みだが、そこに色々な用事が入る。いくつかの講習会や勉強会、歯科医師会。結局3月は祝日の1日のみしか休みがなく、その日も仕事がら みで時間を使った。

院長はまた経営者でもある。臨床以外の仕事もとても多い。スタッフにも「そんなことまで俺がやらなきゃいけないの?」と愚痴をこぼしつつ、このあま りにたまってしまった雑用、例えば名札作り、トナー注文、椅子注文などから、数多くの業者への振込や原稿書きなど、あいにく頭のキャパシティもさして広く ないもので、やるべきことをすぐに忘れてしまうのもよくない。

40歳になった頃だろうか、こんな本を買ってはみたが、この手の本はまじめ に書かれた本ではないので1度目を通しておしまいだが、そのてきとうさ加減がよくて今パラパラと中を見たらちょっとばかり元気になれそうだった。余裕がな いといけないぞということが書かれているのだが、たしかにそうだ。40代であれば、30代にやり残したことがまだできる。主に体力が必要なことがそれにあ たる。20代はいただいた給料をすべて使い果たすくらい遊んでいた私は30代になって、もっと勉強しておくべきだったと反省し、30代はほぼまったく遊び はせずに勉強してきた。40代になってまた、もう少し趣味を見つけておくべきだったと反省し、今になってなにをしたらよいかわからずにいる。

まぁしかし、何をおいても健康であることが基本である。人間ドック、いかねば。

このページの先頭へ