印旛デンタルショー

05月28日

P1020979木曜日は昼から印旛郡市歯科医師会主催のデンタルショーが成田で催されたため、その手伝いというか会場係という名目で出かけてきた。いつもの生涯研修委員のメンバーが集ったわけですが、会場の準備なども片付けも、結局は出展メーカーの方たちが頑張ってくださったので、たいしてやることも無かったのが実情でした。

実は成田国際文化会館の大ホールでは、3時から社保講習会があることになっていたので、それと併設する形で小ホールでこのデンタルショーが開かれることになった。出展企業は大手商社からレセコンメーカーまで12社(?)だった。ごらんの通り、十分な広さのスペースにてマイクロスコープやセレックなどの大きな器械から、セメントやCR等の材料までが並べられて手に取ることができた。人気があったのは「拡大鏡」だったろうか。私も日頃使っている2.5倍のものでは物足りなくなってきて、3.5-5倍程度のものがほしくなっている。決して安い買い物ではないので、このように各社のものが直接比較できるのはいいことなのです。モリタは最新のライカ社のマイクロスコープを展示していたし、ヨシダもメーラー社のマイクロスコープを展示していた。GCはなぜか看板商品のツァイス社のマイクロスコープを持ってきていなかった。残念。

正直我々は係とはいっても、たいしてやることもなかったので、一通り見た後は隅っこで雑談。勉強大好きな亀田先生の動物大好きな一面など、委員の親睦を深める時間となった。私もたまたま今朝届いた新刊本をかばんに入れてきていたので、皆さんに披露して宣伝もしておいた。手前味噌だが、初めて形になったものを見たのだが、なかなか満足のいく仕上がりとなっていた。多くの歯科医師の手に渡ってくれれば幸いだ。

無事に時間が過ぎてショーも終わり各社も撤収した、片付け終了後は委員でまた雑談。宮田委員長が委員会での謀を報告してくださった。我々は生涯研修委員として、学術研修の講師の選定から依頼などをしているのだが、それもなかなか一筋縄では決まらない。宮田委員長にはずいぶんとお骨折りをいただいているのだが、すんなりとはいかないところが難しい。やはり、聴いていて楽しい講演になるべくこれからも委員一同頑張ります。

このページの先頭へ