円高

09月07日

jpy2y1ドルが83円台になったそうな。70円台がみえてきたか?その70円台になったのは1995年。私が大学を卒業した次の年だ。

当時はじけたとはいえ、まだまだバブリーな時代は続いていた。街には高級ブランド品を扱う店が数多く存在していて、中でも正規代理店ではなく並行輸入で高級品を売るお店の勢いは凄かった。広告はしょっちゅう入るし、週末になるとセールをしたりで、購買意欲をかきたてられて服や靴、時計と色々と買ってしまったのは私だけではないだろう。特に40代50代のみなさんは同じような記憶を共有しているはずだ。

私、一生ものかと奮発してR社の並行物の腕時計を買ったのだが、それから円安に振れていくにつれてその時計もどんどんと値上げをし、今では買う気すら起こらない価格にまでなってしまった。正規品の定価で比べても1.5倍、並行物で売価2倍ほどだ。あの時買っておいてよかったとしみじみ今でも思う。

反対に、海外旅行もこの頃から激安ツアーが出てきたように記憶している。グアム・サイパン2.38万~などという信じられない価格につられて、みなこぞって海外旅行に出かけたものだ。そして行った先で強い円をもって買い物三昧というパターンだったのだが、この海外旅行ツアーの価格は、円安になっても据え置きのままだ。一度この価格のインパクトを与えてしまい消費者が慣れてしまうと、なかなか値上げする勇気がつかないのだろうか。

少し前、ウォン安で韓国買い物旅行がもてはやされていたが、今回の円高ドル安でまた買い物にでかけるぞ!とはいかないくらいに国内の景気が低迷しているのは問題だ。

マクドナルドのビックマックが期間限定で200円だったらしいが、これって安いと思いません?アメリカでは3ドルちょいで売られているらしいが、その換算では85円程度に相当するとのこと。つまりこれが適正価格なのかな?

さて、物の値段もこれからどう変わっていくか楽しみでもあり心配でもあり・・・。

このページの先頭へ