英単語ターゲット1900

09月16日

417GM1nSMjL__SL500_AA300_昭和62年(1987)、私は浪人生となった。勉強など全然していなかったので当然の成り行きだったが、当時1浪は俗に言う「ひとなみ=人並み」で許される風潮だった。しかし、2浪はちときついかなと。さすれば真面目に勉強せねばと改心し買った参考書は数知れず。本屋かと見まがうほどに自分の部屋の本棚にずらっと並んだものだが、使ったものはほんの一部のみ。むむ、皆さん同じような経験はお持ち?そりゃ失礼ながら私同様凡人ですな。秀才は参考書で浮気しませんよね。参考書はあくまで“参考”としか思ってないから。私は“藁をもすがる”だった・・・。

しかし、私は英単語に関してはこれ1冊で通した。電車での行き帰りにはこれを必死に覚えたものだ。おまけに授業中には辞書がわりにもなるという優秀な本だった。おかげで英語は得意科目になったが、それにつれてこの本はどんどん傷んでいった。今てもとにあるこの本を開いても、書き込みや折り目でもうボロボロだが、愛着があって絶対に捨てられない。

かろうじて地方の大学にすべりこめた私だったが、大学生にもなれば海外旅行にもいく。当然受験勉強では英文法も学んだわけで、あとは単語力があれば(自信満々)会話は成り立つ!としばらくは海外旅行をしてもほとんど困ることはなかったのだが、何年かたつと多くの単語をきれいに忘れてしまった。今、この本をみてもさっぱり単語の意味が出てこない。どうりで外国人と自由にしゃべれないわけだ。

危機感をもった私は先月、スタッフのみんなに「英検2級を受けよう!」という企画を持ちかけたのだが、まったく計画のたたないままそのまま放置案件となっている。「富士山に登ろう!」は実現したので次は英検。その次は「スキー・スノーボードに行こう!」か。おっとその前に来週末に「ボーリングに行こう!」がある。スタッフの子供たちも参加してくれるらしく楽しみだ。富士山組はせっかく買ったウェアやトレッキングシューズがもったいないので、秋になったら「鎌倉に行こう!」などと話していたが、だれか計画して!11月がいいかな。

英検10/17は無理だから、来年の1/23でも目指そうかな。遊んでる場合じゃないか(汗)。

このページの先頭へ