スノーボードと怪我

02月08日

月曜の朝、DH相良から「怪我をしたので病院に行ってから来る」との連絡があった。どうもスノーボードでこけたらしい。
背中を痛めたとのことだったが、案の定病院での診断では「圧迫骨折」だった。受傷間もないし痛いのだろうけど、普通に歩けていたし、ひと安心。
とりあえず休暇を出した。

これからしばらく衛生士が足りない日々が続くが、スタッフには頑張って乗り切ってもらいたいと思う。

怪我は怖い。

私も勤務医時代にスキーで恐ろしく下手なくせに無茶をしていた。コントロールしきれずに暴走してネットに突っ込んだこともある。その時はネットを支える支柱にストックが当たって折れたが、手じゃなくて良かった~と冷や汗が出た。
それ以来ずっと無茶はせず、きれいに滑る練習を繰り返していたが、ある日バランスを崩してストックを突いたところに顎をぶつけてしまい、衝撃で口も大きく開けられず、ものも噛めないような状態になってしまった。
レントゲンをとって見ると、骨折のような線がみられたが、調べたところ位置がずれていなければそのまま安静にしておくようにと書いてあったので、おとなしーくしていた。

それ以来、さらに無茶はしなくなった。

スノーボードの方が怪我はしやすいようだ。私の周りにも、比較的大きな怪我をした知人が多数いる。とてもじゃないが、スノーボードは恐ろしくて私にはできない。

このページの先頭へ