歓迎会

05月09日

コリアンダイニング餐人 - 店内写真:4月から入った大泉康輔先生の歓迎会を、ユーカリが丘の餐人で行った。
彼は昨年当院で研修医として約4カ月働いてくれていた。その後他院と大学で研修を続け研修も終わりを迎えるにあたり、なかなか思うような就職先が見つからなかったとのことで、当院に就職することになった。

性格を一言でいうと、「クソまじめ」である。
ただ、いいところはその真面目さゆえに私の言うことをきちんと聞くことだ。この素直さが彼を雇った最大の理由。というのも、素直な子は伸びると私は信じているからだ。
純然たる体育会系というのもいい。野球の星野監督のような私の指導方法にも十分ついてこれる。

軽いタイプではないので決して人生をうまく世渡りしていけるタイプではないが、開業医のお父上の跡を継いでも立派にやっていけるような素質は持っているし、当院のホープとして期待もしている。

歓迎会の後はさらに飲みに連れていき、苦手な対人会話を克服すべくレッスンをした。
その成果が早く少しでもでてくれたらいいのだが・・・。

久しぶりに餐人に行ったが、女性陣には受けが良かったように思う。
感動するほど美味いわけじゃないが、外れはない。
このような場ではスタッフとも仕事のことでない普通の会話ができる、こういう機会はなかなか貴重なものだ。
当院には結婚を夢見る男女が多いが、結婚披露宴に出席する場合、どこが気になるか?などは様々な意見が飛び交って楽しかった。
私はとにかく料理には金をかけるべきだと思っている。だって、料理って美味しいと幸せな気分になれるじゃない。

若い人たちの結婚だし、必ずしも何百万もお金をかけるのが良いわけではないが、あまりにショボイのも哀しい。ケチったりするとそんなのは恐らく自分たち自身が他の友人の披露宴と比較してしまい、後悔することは間違いないだろう。やり直すことができないものだけに、必要なものだとあきらめてもうパーっと使ってしまえばよいのだ。

私、結婚を決意したときって貯金ゼロでした。もちろん赤字にはなりましたが、でもなんとかなりましたよ。みんな頑張れ!

このページの先頭へ