原稿の打ち合わせ後のイタリアンバー

08月24日

渋谷仕事の打ち合わせがあり、渋谷に行った。

保険診療では利益が上がらず、人件費はどんどん上昇、歯科医院数は増加しすぎて患者激減ってことで、歯科医院経営って暗黒の時代と言われている。

雑誌やDM,FAXで、このままじゃ歯科医院は倒産する!
って煽ることで不安がっている歯科医院からさらにお金を取ろうという商売も出てきている。

私、他人と同じことは好きじゃないので、患者さんにも「ここは他と違う」と思ってもらえるような工夫はしている。建物そのものだったり、受付カウンターだったり、トイレだったり。もちろん治療内容や接遇のソフト面も。

しかし、そんなことはどうあれ、苦しい時代の中経営者として倒産しないように今後の医院経営の方向性は考え続けていかなければならない。治療だけやってりゃいいってことはないんです。今のような体力勝負の仕事が長続きするわけもなく、無理なく安定した経営ができるよう移転前から考えていたことがある。まぁその確認のための時間を作ったわけだ。

せっかく行ったのに、渋谷、うろうろする時間はまったくなかった。残念。

銀座線で新橋に行き、日比谷でインプラント関連の原稿の打ち合わせをしてきた。
今回も一睡もせずに原稿を仕上げたが、内容はストーリーもまとまっていたので、打ち合わせ自体は短時間で終えることができた。となると、今度は終了後の食事に楽しみが移る。

最近はいつも新橋かいわいのB級グルメを求めてうろうろしているのだが、昨日入った店は当たりだった。イタリアンバーと書いてある、小さなお店。ワインとおつまみ、パスタもある。しかしこれが、なかなかの美味しさ。しかも安い。医歯薬出版さんにごちそうになりました。ありがとう・・・。

で、いつもの高速バスで帰ってきました。

ToDoリストには消化しきれていない項目がずらっと並ぶ,,,,,,そんな状態です。
やばいなぁ。

このページの先頭へ