筑波山登山

09月26日

P1030927前日のボーリング大会に続き、レクリエーション。
当初衛生士の川島が衛生短大の同級生3人で企画していた登山に便乗。結局23歳から43歳まで歳の差20の9人での登山となった。

朝7時に臼井駅に集合し、車2台で出発。筑波山までは2時間弱で到着。

筑波山にはケーブルカーもロープウェイもあるが、今回は筑波山神社のところから登り始める計画に。ちゃんとお参りも済ませて登り始めたが、いきなり結構キツイ・・・。
観光登山と思ってなめていたが、山道は岩場もあり、前日の雨でぬかるんでいることもあり、なかなか手ごわい。

それでもせっかちな私が先頭でペースを作りながら登り続けた。女性もいるからゆっくりめだったが、丁度良かったのかどうか、予定通りの90分で御幸が原へ到着。ここから左手が男体山。右手が女体山。それぞれに山頂があるが、ここでひとまず休憩。

こう書くとこの登山が簡単だったように思えるかもしれないが、このルートはきつい。休憩所に腰を下ろしてから、誰も動こうとしない。雨が降ってきたので腹ごしらえをしつつ暖を取り、この後の計画を話し合う。予想外の雨だったので誰も雨具を用意していなかったが、高い方の女体山の山頂まではとりあえず行こうということになった。

15分ほどで山頂に着いたが、ここからの眺望は素晴らしかった。せっかくなので記念撮影。
幸い雨は止んでくれた。この景色を見ることができたら達成感がわいてきた。なんでもそうだが、終わりよければすべてよし、か。

いやいや、下山するまで終わりではないですよね。しかし、みんな足パンパン。
下りはケーブルカーで降りました・・・(笑)。
皆さんも筑波山、ぜひ行ってみてくださいね。紅葉のシーズンは激混みらしいですけど。

その後そば屋さんで食事を取り、牛久大仏に寄ってから帰途についたが、利根川手前で大渋滞。ここはいつも混む交通の難所。何か工夫はないのかしら?と思う。

夜8時前に臼井で解散したが、みんなくたくたで「お疲れ様」を言うのがやっと。
私と山根先生は翌日下関での学会に参加するため、朝6時に臼井駅集合となっている。連日の強行軍、大丈夫か!?

このページの先頭へ