第23回むし歯予防大会「歯ッピーかみんぐフェア」

10月31日

P1000822.JPG
写真は昨年のもの

今年も例年通り、10月の最終日曜に印旛郡市歯科医師会佐倉地区と佐倉市のタイアップによるむし歯予防大会が開かれた。

私、毎年これの担当で、半年前から準備を重ねてきた。とはいっても、数年来メンバーはほぼ固定状態なので、会議は進捗状況の確認と、備品のチェックなどがほとんど。当日に集中できる環境にある。

今日は天気も良く・・・なんて思っていたら、午後からは雨も降ったりで決して天気はよくなかった。
私は完全に受付担当になっていて、ビル風の吹くユーカリが丘の1Fで冷え切ってしまった。寒かったぁぁぁぁぁ。
特に午前中の冷え方は半端ではなく、ダウンジャケットでも持ってくればよかったと後悔した。

実は例年、数時間交代でここを担当することが多いのだが、人手不足感は否めず休憩時間以外は最初から最後までこの吹きっさらしの場にとどまることになった。風邪ひいたらどうすんだ!交代制にしてくれ、と後日開かれる会議の場では述べさせてもらおう。

会場はユー!キッズの一般検診、ウィシュトンホテルユーカリ3階のがん検診と2つに別れているが、私がいたのは一般検診の方。今日はユーカリフェスタの日なので、我々のブースの前を通るユーカリにお住まいの患者さんに声をかけたりかけられたりで、寒いなかでも温かさを感じた。

終了後はにて反省会という名の報告会が開かれた。なんと一般検診受診者は236名とかなりの多さ。ホテル3階にて行われた東京歯科大学口腔外科の医局員の皆さまによるがん検診も230名ほどと、大盛況だった。

特にがん検診は佐倉市健康増進課に電話していただく予約制なのだが、予約の段階ですでに225名の予約枠すべてが埋まってしまっていたらしく、市民の関心の高さをものがたっていた。結局予約キャンセルの方などもいたらしいが、予約枠を超える人数の方ががん検診を受けてくださった。

反省会の後の2次会では若手(といっても30代後半から40代)先生方と、ものすごく盛り上がって親睦を深めた。いやー楽しかった。

このページの先頭へ