二極化の実態

07月26日

歯科医師、歯科医院も今後二極化が進むと言われて久しい。
自分は自分と思ってやってきたのでこの手の話には興味がなかったが、それはそれなりに自分で余裕をもっていたからだったのかと思う。若い先生たちを預かる身として見てみると、事態はより深刻で、昔に比べて「差」は大きくなっていると改めて思った。

どういうことか。
私たちより前の世代は、親や先輩を怖いものと思いながら育った。今は親や先輩も友達感覚。ゆとり世代だから競争もない。競争がないから他人と比較するってことがまったく身についていない。たとえそのことを誰かに指摘されたとしても、他人と比べて遅れているから頑張らなきゃ、って思考回路にならないのだ。その中でもいわゆる勝ち組の人たちって、これが自然に身についている。結果どうなっていくか・・・。

今の二極化って、上位の人たちは昔と比べて飛びぬけて成績が良いとかではなく、変わらない。問題は下位の人たち。今は下位の人たちが上位の人たちに追いつこうという気概がなく努力もしないから、勝手にどんどん差が開いていってしまっての二極化。上位の人たちから見たら、自分たちが引き離したというより下位の人たちが勝手に落ちていったという認識なんだと思う。

今日説教しながらこんなことを思いつきで話していたのだが、これって正しいですよね?

下位の人にならないようにするには・・・。もう子供の頃に決まってしまっているかな、というのが正直な意見。多分正しい。

このページの先頭へ