お待たせしております!

09月12日

P1040210前著「Dr弘岡に訊く臨床的ぺリオ講座Vol.1」は、非外科処置のみというところで終わっていた。あの本が出版されてから2年以上が経過するが、ついにというかようやく、Vol.2が形になりそうです。

以前から言っているように、3年も連載をしていたら飽きてしまって、書き足りてないことを自覚していながら中途半端に筆をおいてしまった次第です。

そこからたま~に書いては休み、を繰り返し、ここにきてようやく欠けていた部分も埋まり、ほぼ全範囲を網羅したかなと言えるところにまでこぎつけました。

そんな感じだったので、そろそろということで、8日の土曜に診療を休んで朝から駒込の医歯薬出版本社会議室に出向き、編集者の方々と著者3人とで第1回の校正会議を行ってきました。

喜んで下さい。結構なボリュームです。1回ではとても終わらず、まだまだ何度か会議は必要です。書籍のプロの方が校正を担当して下さっており、出来上がってきた初校もなかなかバランスがとれていて素晴らしかったです。これをさらに手直ししていくので、内容的にも本の品位?もそれなりに良いものができあがりそうな予感がします。ベテランのその方が、読んでいて面白いので絶対に売れる!と断言して下さっています。発売は3月ごろを予定していますので、出た暁には是非購入して下さい。

今回は歯周外科、SPT、インプラントが中心に、歯周補綴や根面う蝕などにもページを割いています。
内容的には前著よりも難しいです。ベテランDHや歯科医師が読んでも適度な読み応えのある内容となっていますので、前著と併せて活用してくださるとよいかと思います。

このページの先頭へ