連載終了!(多分・・)

11月02日

P1040267月刊デンタルハイジーン誌に2005年1月から2007年10月までの連載の、前半部分が既に本になっていることを知っている方も多いだろう。

後半も本にすることにはなっていたが、インプラントのことなどにはまったく触れていなかったり色々と足りないことが多かったので、それを埋めるべく書き下ろしでいこう、となったものの、書くわけがなく・・・。

月日が流れ、重い腰を上げてまた連載にもちこんだ。こうしないと絶対にやらないから。ただし、今回はまず補講みたいな形でいく編か書いて、そこからインプラント編を7回だったか、そしてぺリオ編の追加を4回?だったか5回だったか書いた。

そして昨日、めでたく最終回「喫煙と歯周病」を脱稿しました!
これで、あとは書籍にまとめる作業だけだ。12月にまた打ち合わせと読み合わせが予定されている。

しかし長かったなぁ・・・。

今回の「喫煙」について、それなりに調べました。歯周病と喫煙をテーマに書かれたものってあんまりない。あっても、関係ありますよ、って書かれているだけで、多分みんなそんなに詳しくない。だから苦労はあったが調べることが楽しかったというのもある。ここに一部資料を写真に撮ってみたが、喫煙関係の英語の論文だけでも20編以上には目を通した。これがたった4から6ページくらいの記事への努力。もっと長いの書く人は、もっともっと努力しているということだ。とめどなく書き続けている山本浩正先生など、あぁいうのは完全に天才でしょう。

それはさておき、すごく重要なストーリー作りも割とうまくいき、10月31日朝、なんとか書きあげた。もう、しばらく書かなくてよいのかと思うとホッとする。

11月18日に県の歯科医師会の大会で、30分の口演をする。これからは、そのスライド作りをしなくちゃ。

まだ決まっていないが、目下、弘岡先生と加藤典さんと一緒に歯科衛生士コースの開講を模索中。またまた腰が重いけど、本が出るタイミングはピッタリだし、いいのではないかと思う。

このページの先頭へ