ボクシングの金メダリスト村田

08月25日

2fc338c6-2159-4e05-acc0-0e4e1cfedd34_s

ボクシングのロンドン五輪ミドル級金メダリスト、村田諒太(27)=三迫=が25日、有明コロシアムで行われたプロデビュー戦で、東洋太平洋ミドル級王者の柴田明雄(31)=ワタナベ=を2回TKOで下した。

 1回、右ストレートが柴田の顔面を捉えダウンを奪う。2回も終始前に出てパンチを当て続けると、レフェリーが試合を止めた。

 ロンドン五輪で金を取った昨年8月11日から1年余り。プロでも頂点を目指す村田が、“世界級”の力を見せつけた。(msnニュースより引用)

ということなんだが 、村田選手のむちゃくちゃな強さが印象に残った。日本人のボクシングといえば軽量級ばかり見慣れているせいか、久しぶりにパンチの重さが結果として表される試合を見た。

かつて「ガチンコファイトクラブ」で有名な竹原慎二が ミドル級世界王者になったが、竹原のパンチも重かった(受けたわけじゃないが)。軽量級とは全然違う。

やはり見る側としては、KOの魅力をあきらめたくはない。村田選手にはどんどん上を狙ってほしい。ところで、この選手はフジTVがバックアップするのかな?TBSじゃなくてよかった。

このページの先頭へ