Dr杉原の講義&ペントロン実習@当院研修室

05月20日

20150518_20410520150518_195125

5/18の診療後、私の勤務していた稲毛の歯科医院、恵愛歯科クリニック院長の杉原先生が代診たちに臨床的咬合講座(と私が勝手に名づけた)の講義をして下さいました。

もともと杉原先生が「うち(恵愛)の代診(当院の黒木先生の同級生)に教えるのであれば、中原のところの代診と高峰(スマイルデンタルクリニック院長:八千代台)のところの代診に一緒に教えても同じだから」という申し出をいただき、小さいながらもセミナールームのある当院までおいでいただくこととなった次第です。

まずはペントロンのエンドの道具のセミナー。
今流行りの高温で圧接するのと、同じく溶けたガッタパーチャをムニュムニュと押し出すのの2つ。これらは各社が似たようなのを出していますが、違いはコードがあるかコードレスかくらいでしょうか。ペントロンのは両方ともコードレス。やはりコードは邪魔だという話は聞くので、購入するのであればペントロンになるのかなと思います。しかし高い!

杉原先生の講義はまさに臨床的。教科書には載ってないコツなどを色々とお話しいただきました。若手の先生たちにはとても参考になったと思います。
次回は6/15に予定しています。

 

このページの先頭へ