ジャーナルクラブ@日比谷

05月23日

5/21に、今年度第一回ジャーナルクラブ例会が日比谷で開かれました。
 
今年度のテーマはまず「歯周病と矯正」「インプラントと咬合」で始まりました。いずれも誰しもが興味をもっていることでしょう。 論文抄読担当の先生たちはご苦労様でした。お二人とも気合の入った和訳を用意してきてくださり、我々は楽をさせていただきました。
ケースプレゼンテーションの加藤先生は、これまた素晴らしいケースを披露してくださいました。
会が始まる前にケースを見せていただいていたのですが、失礼ながら数年前とは治療のクオリティ、写真のクオリティが段違いに良くなっていて、むちゃくちゃびっくりしました。地道にコツコツと続けることの素晴らしさを改めて認識し、自分も頑張らないといけないというモチベーションアップにつながりました。

勉強会に出るってことは、こういう意識向上が得られるのが良いところですね。外に出ないとダラダラしてしまい、成長にはつながらなかったりします。勉強はいつまでも終わることなく続くのです。 

このページの先頭へ