ニュース女子@TOKYO MX

12月14日

148153125317941

今の時代にどんな(政治的)情報が必要かお悩みの方々にお勧めの番組があります。TOKYO MXというチャンネル(9ch)の「ニュース女子」(月曜夜10時)です。私、毎週録画して観ています。

森友・加計問題、沖縄基地問題などにおいて偏向報道があることに異論のある方はいないと思います。大手新聞やマスコミ、TVなどはどうしてもいくばくかの制約の中で報道を行っているとみられています。右寄り左寄り中道と色々ありますが、それを理解または想像して報道を見る分にはまったく問題ありません。しかし、同じような報道を繰り返し見聞きしていると、だんだんとそれが正しいものとして洗脳されてしまうことになります。その中和剤としてもっとも適しているのがこの「ニュース女子」なのです(私見です)。

司会は東京新聞の長谷川幸洋と西川史子。ニュースバラエティー番組なのですが、メジャーな局でもいつもみかけるコメンテーターたちもこの番組ではキー局の顔色をうかがうことなく本音(だと思う)をさらけ出してくれるのが面白い。で、女子たちがまた一般人としての本音をぶつけるのが市民感情に即していてまた痛快。しかし、若い女子たちもよく勉強してこの番組に臨んでいてまったく馬鹿になどできませんよ。

私が大学生の頃は、本当の政治情勢は「朝まで生テレビ」でわかる!と信じていましたが(今もたまに観ていますが)、今はこの「ニュース女子です」。新聞は…娯楽として読んでいます。新聞は新聞で面白いですから。ただ、政治への意見については「ふーん」という程度にとどめています。というか、もうそういう読み方が身についてしまっています。それが正しいと思いますけどね。我々の仕事で重視するエビデンスと同じ。商業誌に書かれていることは所詮その先生の意見でしかなく、真実かどうかは自分自身で判断するしかありません。それは研究論文を原著(英語)で読み、自分なりの解釈をもつことでしか得られません。所詮他人の意見は他人の意見でしかないからです。

というわけで、興味のある方はぜひ観てみましょう。

このページの先頭へ