TBSにとって亀田とは…

10月11日

内藤VS亀田
中原です。待ちに待ったボクシングの一戦でしたが、結果はご存知の通り、内藤大助選手の圧勝でした。12Rまで見ましたが、亀田選手はラッキーパンチによるKO以外に勝つ手段は見出せないくらいの大きな差がありました。もしこれが喧嘩やバーリトゥードだったら亀田選手の圧勝だったと思いますが、残念ながらこれはボクシングというルールに則ったスポーツで、内藤選手は序盤からの相手のラフ戦法(バッティング等)をうまくいなしながらポイントを稼いで大差の判定勝ちでした。「内藤弱い」という声もありますが、もう4Rで大差がついていて、8Rで完全に勝利を確信したのであとは逃げ切ればよいだけの余裕の勝利でした。
しかし、世界チャンプと14位ですから、こういう試合が組まれることが異例だと思います。内藤選手は亀田&TBSに振り回され大変だったと思いますが、これで国民の注目が一気にUPしたことはとてもプラスになって報われましたね。
それにしても、あれだけ酷い態度をとってきた亀田家。「負けたら切腹する」とまで言ってしまって…あらゆるサイトでたたかれまくっています。同情はしませんけどね。私もあの態度には、とても好意はもてませんから。
http://jp.youtube.com/watch?v=WUV-OcmF5U0
これ、セコンドの親父と兄が何を言ってるか?ぜひヘッドホンで聞いてみてください。この一家は本当に品位に欠けていて、自らどんどん株を下げてしまっています。

友人が言ってました。新橋のおじさんは内藤、銀座の若者は亀田を応援するみたいだ、と。えー、これからの若者が皆、亀田家をカッコいいと思ったりああなってしまったら、日本の未来は真っ暗です。
最後にTBS。ボロ負けの亀田選手を懸命に持ち上げ続けるあの惨めな実況はもう酷すぎました。あそこまでそれに比べて内藤選手の大人の応対は、彼の株を一気に上昇させましたね。
亀田、沢尻の無礼は、まだまだおじさんたちには受け容れることはできません。まずは敗者のコメントを待つばかりです。

このページの先頭へ