参加者締め切りました

04月21日

P1020179
歯科衛生士という職業。とても大変ですが、考え方によってはとてもやりがいのある仕事です。せっかく国家資格を取っても、それを活かしきれていない衛生士さんが多いのが歯科界の現状です。

私は2005年1月号から2007年10月号まで、「月刊デンタルハイジーン」という歯科衛生士向けの雑誌に連載をしていました(共著)。それを機に、歯科衛生士という存在を真剣に考えるようになりました。歯科治療においては、歯科医師がなんでもすればいいとは思いません。一見歯科医師と同じように、歯石除去やブラッシング指導などをおこなうとしても、歯科衛生士ならではの細やかな心遣いが、患者さんとの心のつながりを生み、歯科医師よりもより深いコミュニケーションが築かれている場合も多いのです。当院でもそんな歯科衛生士を育てていきたいと強く願っています。

今日も平木主任の担当する患者さんが、信頼感を強く表していたのがとても印象的でした。さすがベテランです。しかし、高森も負けず劣らず患者さんとかかわっていますから、今後実野塾で実力をつけて成長していくことは間違いないです。川島は先輩たちのいいところを吸収してまた伸びていくことでしょう。

先日友人の歯科衛生士さんが日帰りで佐倉まで来て下さいました。
写真は11時発の夜行高速バス乗り場まで送った時のものです。翌朝来たメールには、「もう乗らない」と書かれていました。

このページの先頭へ