かわしま屋 

06月04日

P1020269P1020270

藤田先生と一緒にラーメンを食べに行きました。
千葉北インター近くの「かわしま屋」さんは、当院の歯科衛生士、川島のお父様が経営するお店です。
どちらかというとこってり系のとんこつスープがお店のスタイルです。我々が注文したのは麻油を使った「黒」というメニューでしたが、麻油のおかげか味もマイルドで食べやすかったです。事前に川島に何がお勧めかをチェックしていきましたしね。ここの餃子はおすすめです。具も多くおいしかったですよ。

食後に少し突っ込んでお話しをしたのですが、お父様は川島のことをすごく信頼しているのがとてもよく伝わりました。当院では歯科衛生士の仕事の重要度がとても高いので、恐らく他院に勤務する同級生たちは見た事もやったこともないことを任せています。もちろんできないことも多いのですが、それはフォローすることにしてるから、辛いだろうけれど頑張ってほしいと願うのみです。1年経てば、その高いレベルが自分の標準になります。そうすると次の1年でまた高いレベルに上がれます。秋頃からは平木、高森共々みんなで臨床歯周病学会に参加しますよ!藤田先生も学会に入会させないと。
彼には秋に義歯の講習会に参加してもらいます。最近、当院の義歯の完成度の高さにやっと驚いてくれるようになりましたから、丁度いいでしょう。彼も今年はchange の年になるはずです。

5月30日31日に、当院研修室にて「実野塾佐倉2009」が開かれました。いわゆる歯科衛生士向けの研修なのですが、当院の3人の歯科衛生士と高根病院からの3人の歯科衛生士の計6人は、2日間みっちりと講義を受けていたと信じています。歯科医師は立ち入り禁止でその講義を受けられなかったから何がどうたったかはわからないのですが、土日全6回12日間の長丁場、頑張ってほしいものです。歯科衛生士でこんな長い講習なんて聞いたことありません。かなり異例です。その分、講師のエッセンスを吸収して自分の糧にしていってくれたらと思います。

日曜は2階では講習会、私は1階で休日診療の当番をしていました。
7人の患者さんが急患でいらっしゃいました。割と暇な時間もなく読書できませんでした。読みかけの小説が何冊かあるし、買ったまま読んでない小説も何冊も(!)あります。これらを読み倒す時間が必要ですね。時間は作るもの・・・ですか。

このページの先頭へ