やってみせ、言って聞かせてさせてみて・・・

05月12日

P1020913仕事を教えるのって難しい。

「よく見とけよ」だけで仕事を習得してくれれば、これほど楽なことは無い。実は「見る」にも色々あって、軽く眺めるだけでも「見る」だし、自分が乗り移ったような集中力で目を凝らしているのも「見る」だ。しかし、実際は教える側の「見とけよ」は後者を意味し、教わる側の「見とけよ」は前者を意味すると思っておいたほうがいいのか。

咬合器付着を教えたが、やはり自分の手でやってみないとなかなか覚えられるものではない。初めての今回は石膏がはみ出していて見栄えが悪いが、それも最初は仕方がない。きっとコツをつかんだと思うので、2回目はきれいにできるだろう。

研修医の大泉、まじめでいい青年だ。
英語の論文を渡して読んでくるように言ってるが、かなり線をひきまくって努力したあとが垣間見れる。この積み重ねが、必ず自分の糧になる。次の論文もきちんと読んでおいてほしい。

しかし、真面目すぎてしゃべりが硬いなー。
いい歯医者は間違いなくしゃべりも上手だ。患者さんもその方がとっつきやすいから気を許してくれるだろう。そうすればコミュニケーションも円滑になり、治療も上手くいく。口の練習は、どこでもできる。英会話の練習と同じで、決められたフレーズをひたすらつぶやくことで、すらすらと口をついて出るようになれる。お調子者くらいでちょうどいいかなと、私は思っている。そうなると、彼も合コンで調子がでると思うのだが…。しかし、彼は合コンにはいかないらしいから関係ないか。

これは衛生士も同じだ。説明は当クリニックの柱だと思っています。

このページの先頭へ