救急蘇生講習会(歯科医師会)

08月07日

P1030124P1030131

8月3日の夜19:30から22:00まで、印旛郡市歯科医師会佐倉支部主催の救急蘇生講習会が開かれました。当院からは歯科衛生士4名と歯科医師2名プラス私の計7名が参加しました。開始ギリギリに滑り込んだこともあり、うちの連中が一番前に陣取っています。どんな講習会でもそうなのですが、なぜ一番おいしい席が一番最後まであいているのでしょうか・・・。

この講習会は毎年日本大学歯科麻酔学教室助教授の見崎徹先生をお招きして開かれているのですが、会員の先生のみならず毎回スタッフなど大勢で賑わいます。今回も70名近くの参加となり、あまりの盛況ぶりに他地区からの参加者は驚いていました。

内容はとてもためになることばかりで、「いざ!」という時に困らないような知識を持っておくことは必要だなと痛感します。当院にはAEDを備えてありますが、救急薬剤なども咄嗟のときでさえ間違えずに使えるようにいつも意識しておかなければなりません。

スタッフもその重要性が認識できたのではないかと思います。スタッフには、こういう診療後の講習会にも参加してもらえてとてもありがたく思っています。あらためて感謝です。

このページの先頭へ