衝動買い

05月02日

oro-30255-blu
書斎のCanon製インクジェットプリンターがついに壊れて印刷不可能になってしまったので、新しいものを物色していた。プリンタヘッドが詰まったのか、印刷の途中だったにもかかわらずヘッドは動くがまったくインクが出ていないという状態になってしまった。「なんで~?」と嘆いてはみたものの、マニュアル通りにヘッドクリーニングしても直らず、ネット検索しても同様の報告も多く早々にあきらめた。プリンタ自体は気に入っていたが、数年前のものなのでヘッドの交換部品などはなく、在庫品は割高。ならば新品を買うべしと色々調べてはみたが、書斎のPC使ってあまり印刷しない私にはどうやら高級機は必要ないだろうと安物を買うことにした。リビングのiMacにも同じくCanon製インクジェットプリンターがつないであるのだが、こいつを書斎のPC用にすれば、リビングには新しいものが備え付けられることになる。

自宅にはB4対応のコピー機(これまたCanon製)があるのだが、少し前に壊れた。しばらく使っていたが、いよいよ電源もすぐに落ちるようになったので修理を頼むことにした。5万円・・・。本当はA3対応のコピー機がほしいが高すぎるのが玉にきず。複合機の購入も考えたが唯一の選択肢であるブラザーJUSTIOの評価が芳しくない。実際院長室のカラーレーザーもブラザー製だが、上の複合機同様紙送りに問題があり買って後悔の1台となっている。カルテ印刷用のブラザー製モノクロレーザーは値段勝負の1台なのでまだ許せるが、医院にもう1台あるOKIのレーザーが素晴らしいと惚れ込んでいるだけに、ブラザーとの品質の差は歴然なのである。このJUSTIOは無線LANも備えているのでリビングにプリンターを置かなくてもよくなるか?とかなり期待したのだが、どうも使えなさそうなので今回はコピー機の修理をお願いした。

で、リビング用に目星をつけたのがCanon製複合機だったが、Amazonでは売り切れ、ヤマダでも品切れ、コジマに1台だけあったので急ぎ購入した。

たかがプリンタ購入なのに、余計なことをたくさん書いてしまった。
タイヤ購入の時もそうだったが、リビングでじーっと何時間もネットで調べていると、呆れられながらも「なんでもいいから好きなの買いなよ」との声。ありがたい、男はこういうことにこだわる生き物なんです。いやこの時間が無駄なんだろうとは自分でもわかってはいるのだ。この執着心が勉強に向かわないことは子供たちにも受け継がれてしまったようで心配・・・。

そんな私だが、今日は鞄屋さんでたまたま見かけたブリーフバッグを衝動買いしてしまった。
以前から新しいナイロン製ブリーフケースが欲しかったのだが、私の周りはみんながフェリージかTUMIなんで同じのは絶対に避けたいと常々思っていたところ、なんとなく目に付いてしまったから買った。とりあえず長持ちという感じで使うものではないので、ガンガン使っていきたいと思う。ただしPCは入れない。もしくはちっちゃなモバイルPCでも買ったら入れるかも。実はもうひとつレザーのとても小さなショルダーバッグも同時購入してしまった。携帯と財布と文庫本または手帳だけ入ればいいサイズ。こっちの方が活躍するかも。

このページの先頭へ