またまた仙台日帰り

08月17日

秋田大雨ドルフィンデンタルクリニックは8月8日午後から16日まで夏休みとさせていただいていました。

私は1日に続き9日にまた仙台日帰りをしてきました。大学院卒業への最終審査があったからです。 

すでに予備診査は済んで、それを基に論文の修正を行い担当教授のチェックを受けて提出まで終わっているので、 これは半ば形式上の最終チェックという意味合いが強かったと思います。予備診査のスライドに指摘された部分に答えるような追加スライドを挟み最終審査に備えたため、大幅な変更もなく記憶に叩きこんであるスライドの発表ということになりました。
発表は持ち時間をオーバーしたものの特に問題ないと思われ、2,3の質問を受けただけですんなり終わりました。

しかしまだこれで終わりというわけではありません。やらなくてはならないことは、論文をきれいに製本(上製本)して提出することです。 お決まりの黒地に金色文字のあれです。どこにどうやって発注するかは、医局の先輩(歳は15ほど下だが)に聞きました。

さて、この日はこれで帰宅することにしましたが、仙台駅がなんだかざわざわしていました。
なんと秋田でこれまでに経験のないほどの大雨なんだとか。そのせいで秋田新幹線が運休となっているようです。仙台は曇り空でしたから予想外でしたが、おいおい、東京に帰れるのか?と一瞬不安がよぎりましたが、どこかで折り返し運転を行っていたらしく、予定していた新幹線に乗ることができました。

さて、そして16日、印刷会社に上製本を発注しました。22日には出来上がるようですので、無事に期限内に提出することができそうです。よかった。

これでいよいよ卒業かな・・・。 所属分野では初めての社会人大学院生だったから、後から入って来た人たちの道標としての責任を果たすべく頑張ってはみたが、結局のところ医局の多くの先生方や大学院生たちの力をお借りしての卒業となった感が強いです。

まだ提出が終わったわけではないので、気を抜かないでいきましょう・・・。9月25日は学位授与式。一応参加しておきましょうかって・・・社員旅行と重なってるじゃん!さぁ、どうする??? 

このページの先頭へ