ピート・ローズのイチロー批判

08月25日

90d1d30dイチローが日米通算4000安打を記録した。
2000本安打で名球会ということからすれば、野球に詳しくない人でも大記録だということは理解できるかと思う。

しかし、ピート・ローズという米大リーグのかつての大打者が、自分のもつ歴代最多安打4256本と比較して、価値が全然違うとし、イチローの記録は認めないと発言したという。 イチローの記録は日米合算であるのに対し、自分の記録は大リーグでのみだというのだ。

そりゃそうだと思うが、そんなことはわざわざ言わなくてもみんなわかっていること。誰も単純比較などするわけがない。例えば王貞治が日本で868本のホームランを放って世界一の称号を得てはいるが、昔の後楽園球場を知っている人がいるならば、実測両翼86m(表示は90m)だったことは有名な話。この狭い球場+圧縮バット(懐かしい)では当たり損ねもホームランになってしまったことがどれだけあったことだろう。

しかし、イチローの場合はヒットの数だから、ホームランの数よりは比較するに堪えうる結果だとは思う。

このピート・ローズという人は、過去にもイチローのヒットの2-3割は内野安打で、彼は世界一ラッキーな男だ、などと発言している。

 なんか、人として器が小さい。
人間こうはなりたくないものだ。

このページの先頭へ