石井宏先生のセミナー参加

04月28日

4/26、ペントロンジャパン主催の石井宏先生のセミナーに参加してきました。テーマは歯内療法における外科的アプローチでした。
いわゆる歯根端切除術のハウツーです。

ニッケルチタンファイルやマイクロスコープの普及が進む中、歯内療法は歯科界でブームを巻き起こしています。というか昔からあった歯内療法ですが、欧米ではどんどん器材や材料の進化が進んでいて、ここ数年途切れること無く勢いそのままにそれが日本に紹介され続けています。

とはいったものの、紹介されているのは「欧米の専門医」のレベル。「専門医」です。
欧米の一般医のレベルとはかけ離れたところの治療が日本に紹介されているのです。その「専門医の治療」を行う上で必要なのがマイクロスコープだと。

実に巧みなマーケティングです。
当院も時代の流れに乗ってマイクロスコープを導入しています。

というわけで、この歯根端切除にマイクロスコープを応用する方法、確かに使えそうです。
今までの口腔外科的な外科アプローチと比較して、この歯内療法的な外科的アプローチの方が実際成功率は高いそうです。
うんうん、自分の臨床成績をみても確かにそんな感じがします。

新しい知識や技術を習得するのは楽しいし、仕事に活かせると思うからこそ日曜をつぶして講習会に参加するのです。せっかく得た情報ですから、しっかりと患者さんに還元できるよう、これからも頑張ります。

このページの先頭へ