クリニック案内

コンセプト

主訴の改善を第一に
初診時にはまず応急処置をおこない、痛みのある歯や不快症状に対し、主訴の改善を第一に行います。
ゴールに向かっての検査・治療計画をきちんと立てます。

お口全体の検査(レントゲン写真、歯肉の状態検査、磨き残しチェック、口腔内写真撮影など)を必要に応じて受けていただきます。
検査資料を基に、患者さんの意見を反映させ治療計画を立てます。
最初に設定した治療のゴールに向かって計画に沿って治療を進めます。

★虫歯・歯周病などのいかなる問題も、治療後のメンテナンスは必要です。

院内にいながらセカンドオピニオンを。

前回担当した先生が続けて担当するとは限りません。
これにより治療内容のチェックが歯科医師により相互的に行われ、治療方針の偏りがなくなるというメリットおよび安心感があります。

★もちろん歯科医師および歯科衛生士の指定は可能です。

「本当に必要なことか他の先生に聞いてみたいな…」

「本当に必要なことか他の先生に聞いてみたいな…」

十分納得して治療を受けていただくために、まずは院内で他の医師の意見を求めることが当院では可能です。ご希望であればお近くの歯科医院さんや専門医等をご紹介しています。
また、反対に意見を聞いてみたいというご要望は全て受け入れていますので、遠慮なくお問い合わせ下さい。(診断のための検査が必要な場合あり)

医療は道を究めようとすればするほど、自分に自信が付いてくればくるほど独善的になる傾向があります。開業時にテーマとして掲げた、「押し付けではない、患者さん主体の医療を提供する」を忘れずに、常に患者さんの利益を考えていきたいと改めて思っています。

ドルフィンデンタルクリニックとは

~北欧スタイルにあこがれて~

ドルフィンデンタルクリニックとは

当院は1998年10月、イトーヨーカドー臼井店のオープンと同時に開院しました。 その後、2009年3月2日に医院を移転し、現在の場所に開院。周辺には大きな公園が配置され、区画整理されたきれいな街並みが続く、非常に恵まれた環境の中に位置しています。

開院後は、まず千葉市の東京歯科大学病院との連携を確立し、開業医との間でも現在日本の第一線で活躍される、歯科矯正、歯周病、歯内療法、インプラントの専門医を確保してきました。
治療やご紹介を通じ、常に質の高い医療を提供できる環境がここにあります。

また、勤務医はじめ歯科衛生士などスタッフのレベルアップを図るため、講習会への参加、外部講師を招いての講義や実習を常時行っています。

私たち日本の歯科医師は、北欧には「虫歯が少ない」ということを知っています。
なぜそんなことが可能だったのでしょう?北欧では「科学的に検証する」という手法が昔から用いられてきたからです。

当院でも、質の高い研究から得られたデータを基に効果の程を科学的に分析し治療に応用するというその手法を開業直後から取り入れ、虫歯のみならず歯周病、インプラント等全ての分野の治療において、現在この科学的根拠に基づく治療(Evidence Based Dentistry)というのは当院の柱となっています。
もちろん経験も大事ですが、根拠ある治療を行うことが患者さんの利益につながると信じて日々治療に臨んでいます。

しかし、いかに適切な治療を行うとはいえ、患者さんの意思や希望を無視するわけにはいきません。

私が感銘を受けた短い言葉に“Dentistry with humanity” というものがあります。

患者さん個人の生活および人格を尊重し、人間味あふれる応対を通じ、その方の求める健康を獲得・維持できるよう力を尽くしていく、それが「押し付けではない、患者さん主体の医療を提供する」という当院の一貫した理念なのです。

このページの先頭へ