院長紹介

ドルフィンデンタルクリニック 院長

中原 達郎 中原 達郎

略歴

昭和43年
千葉県習志野市生まれ
昭和62年
神奈川県立 希望ヶ丘高校卒業
平成6年
福岡県立 九州歯科大学卒業
平成10年
ドルフィン歯科開院
平成13年
弘岡秀明歯周病学コース インストラクター
平成21年
医院移転、ドルフィンデンタルクリニック開院

所属学会

  • 米国歯周病学会
  • 日本歯周病学会
  • 日本臨床歯周病学会
  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本歯科補綴学会
  • 日本炭酸ガスレーザー学会

資格・経歴

  • 厚生労働省認定 歯科医師卒後研修指導医(2005~)
  • 日本歯周病学会 歯周病専門医 (2011~)
  • 日本臨床歯周病学会 認定医(2007~)
  • 日本臨床歯周病学会 歯周インプラント認定医(2016~)
  • ストローマンインプラント 認定医(1996~)
  • アストラテックインプラント 認定医(2011~)
  • ITIインプラント・ナショナルメンバー (2007~)

所属団体

MACS研究会(インプラント)
ジャーナルクラブ
日本インプラント臨床研究会
星座
おうし座
血液型
A型
趣味
ゴルフ(競技)、読書(ブックオフ大好き)
目標
個人:自分で決めたことはきちんと守って実行する
仕事:代診の先生たちや衛生士、スタッフをしっかりとした人材に育てる
自己紹介
超夜型人間です。直そうと何度も試みましたがダメでした。睡眠時間も 短いですが眠りは異常に深く、眠ければすぐにどこでも寝られます。
若い頃はスキューバダイビング、スキー、フットサル、テニスと頑張っていましたが、仕事が忙しくなるにつれて足が遠のきそのままに。運動不足を解消すべく43歳からゴルフを始め、今は仲間とラウンドしたり月例競技会に参加したりして楽しんでいます。
お酒は大好きです。ワインから焼酎までなんでも好きですが、最近は日本酒をよく飲んでいます。ゴルフにお金がかかるので、外で飲む機会はめっきり減りました。とはいえ明け方まで読書をしたりとあまり健康的な生活をしていないので、毎年人間ドックの結果を見るのが恐ろしくてたまりません。
メッセージ
私は歯科医院に対する恐怖心が強い子供でした。虫歯も多く、歯並びも悪かったです。そんなことも歯科医師を目指したひとつの理由です。
開業以来、患者さんとのかかわりを大切に、誠実に、フレンドリーに応対できればといつも考えています。幸い今も多くの患者さんに喜んでいただけているようですが、まだまだいろいろな改善が必要だと痛感しています。また、若い先生たちへの教育、指導も自分の大切な使命と考えています。

私は「患者さん、自分(医院)、スタッフのみんながハッピーになる」という経営理念を持っています。本当に良い患者さん、良いスタッフに恵まれてここまで来られました。これからも頑張りますので、よろしくお願いします。

生い立ちから開院まで

Dentistry with humanity

私は昭和43年、千葉県習志野市の市営団地で生まれましたが、父はサラリーマンで生後すぐに横浜市旭区へと転居したため、千葉での記憶はまったく残っていません。結局、大学へ進学するまでの18年間を横浜で過ごしました。

幼少の頃、毎日の遊び相手だった近所のお兄さんたちに泣かされて家に戻っても、母はまったく相手にしてくれないものでした。この頃だけで十分な反骨精神が鍛えられ、泣かない、負けず嫌いの性格が形成されてしまったのだと思います。小学生の時分から現在まで、私は泣いた記憶というのが片手ほどもないのです…。

大学進学時には浪人を経験し、親友の勧めで河合塾駒場校のなぜか東大コースへと片道1時間45分かけて通学する毎日が始まりました。そこで味わったのはまさしく挫折でした。それまでは勉強にせよ運動にせよ、努力せずともそこそこにこなせてしまう自分がいたわけですが、成績上位の人たちの頭は根本的に違う、敵わないと悟りました。2浪はできないというプレッシャーに押しつぶされたこの辛い1年で謙虚さを学んだのは私には必要なことでした。

予備校は欠席することなく通いましたが(すごい!)、残念ながら東大ではなく福岡県北九州市にある九州歯科大学に進学することになりました。当時は手先の器用さと感性を活かせる仕事、工業デザイナーか建築家、または歯科医師というのが現実的に決めていた将来の職業でした。とりあえず国公立なら家計もOKということで、なんとか合格したこの大学を選びました。

大学卒業後は、当時所属していたサッカー部先輩の医院、千葉市の恵愛歯科クリニックに勤務させていただきました。ここで同じ部の先輩2名と計4名で勤務することになり、小児から高齢者まで、修復処置からインプラントまで何から何までを、部活の延長のように実践的に叩き込まれました。ここで学んだのは「患者さん本位」という素晴らしい考え方で、きちんと説明することをはじめ、患者さんに満足してお帰りいただくということでした。今では当たり前のことで、これを基本に今の私の診療が成り立っています。

ドルフィンデンタルクリニック

4年半ほど勤務し開業を考え始めた頃、この染井野の話をいただきました。まだ早いか、と少し躊躇しましたが、色々考えこれもタイミングなのかなと開業に踏み切りました。開業にあたっては多くの方々のサポートを受けましたが、今改めて皆様への感謝の気持ちを再確認する次第です。そして平成10年10月23日、当地に開院することができました。

開院以来の“ Dentistry with humanity ”という理念を胸に、さらに最新の知見、技術、科学的な考え方と確実な治療を基にして、これからも皆様の健康のお役にたてるよう、努力を続けていきたいと考えています。

このページの先頭へ