インプラント

インプラント

「歯のある生活を取り戻す」という見返りが非常に大きいもの=インプラントによる治療です。

当院では、世界中の歯科医師が支持するスイス生まれの

【ストローマン(ITI)デンタルインプラント】

を使用しております。

正しくお手入れさえすれば、インプラントには非常に利点が多く、かつ長期間に渡ってご満足いただく状態を維持することができます。
しっかりと骨で支えるので噛み合わせのストップとなり、他の歯に過大な負担をかけることから守るという意味でも、大変有効な治療法です。
治療後の定期検診や念入りなお手入れは確かに大変です。
しかし、その労力に対する「歯のある生活を取り戻す」という見返りが非常に大きいものであるということはいうまでもありません。

安全なインプラント手術
歯科用CT完備

インプラントの手術にはCTスキャンは不可欠です。 歯科用CTを用いることで従来のレントゲンでの2次元平面画像ではなく、3次元の立体画像が得られます。
平面画像では分からなかった歯や顎の詳細は構造を立体的に把握でき、また、神経の位置を精度高く把握することができます。
そのため、より適切な診断・治療が可能となりました。

撮影結果などを元に診断し治療方法を一緒に考えていきます。

安心なインプラント手術
個室オペ室・カウンセリングルーム完備

インプラント治療のシミュレーションを見ながら骨の形、血管や神経の走行、インプラントの埋入方向や深さを一緒に確認していただきます。
オペ室は一般の診療室からは離れているので、プライバシーを守りつつ治療致します。

インプラント手術の流れ

STEP.1
口腔内の診査

CT撮影やなど十分な口腔内診査を行い、お口の中の状態を調べます。

STEP.2
治療計画

診断結果を元に、インプラント治療に関する説明を受けます。ストローマンデンタルインプラントシステムの取り扱いは、専門のトレーニングを受けた歯科医師のみが行います。

STEP.3
インプラント手術

純チタン製の小さなネジのような形状のインプラントを局所麻酔であごの骨に埋め込みます。
ストローマンデンタルインプラントシステムの形状は、非常に日本人のあごに適しています。

STEP.4
インプラントと骨の結合を待つ

インプラントと骨がくっつくのを2~6ヵ月間待ちます。
この期間、必要ならばインプラントの上に仮歯を入れておきますので、日常生活に支障はありません。

STEP.5
歯の装着

ここで人工の歯を取り付けます。
手術1回式のストローマンデンタルインプラントシステムなら、ここでもう一度手術をする必要がありません。

プライスリスト
このページの先頭へ