院内ツアー

ドルフィンデンタルクリニックのご紹介

機能的で安心とゆとりのある診療空間

診療所のコンセプトとして掲げたのは「機能的でゆとりある診療空間」
入口のドアを開けて広い玄関スペースとピロティからガラス扉を介して待合室へと続きます。
廊下には最新の歯科用CTを置いたレントゲン撮影室。
撮影したCTを見ながら治療計画などを説明できるカウンセリングルーム、
そして一番奥には個室の診療スペースを配しています。

診療室は白を基調に明るさと安心感をイメージし、
その裏には安全のための最新システムを揃えた滅菌・消毒室があります。
また、2階には倉庫、研修室、シャワールーム等があります。

  • 受付

    長さ3mの大きなカウンターが目を引きます。ガラスケースの中には歯ブラシや歯磨き粉などの商品が陳列されています。スタッフのおすすめなどをご覧になって下さい。

  • 待合室

    広めのスペースに1人掛けのソファを配し、ホテルのロビーのような居心地を意識しました。全面を床から天井までのガラス窓にて採光した明るい待合室は、木目調の大きな受付カウンターがシンボルとなっています。

  • 診療室

    広めのスペースに一列に5台の診療台を並べた診療室。パーテーションにて半個室とし、プライバシーを保ちながらも術者側からは全体が見渡せるようにして機能性を高めています。

  • 診療ユニット

    広めのスペースに一列に5台の診療台を並べた診療室。パーテーションにて半個室とし、プライバシーを保ちながらも術者側からは全体が見渡せるようにして機能性を高めています。

  • カウンセリングルーム

    撮影したCT画像によるインプラント治療のシミュレーションをお見せし、骨の形、血管や神経の走行、インプラントの埋入方向や深さを一緒に確認していただき、安心して治療に入れるようにします。

  • 個室診療室

    広めの個室では、主にインプラント手術を行っています。また、一般の診療室からは離れているので、プライバシーを守りつつ自費診療の患者さんをゆったりと診療するときにも用いています。

  • トイレ・洗面台

    かなり広めの空間に除湿と消臭効果のあるTOTOエコカラットの壁、Panasonicアラウーノの最新型。洗面台と鏡はアメリカ製の輸入家具。きれいに使ってくださいね。

  • 研修室

    医院全体でのミーティングや研修を随時行っているだけでなく、月に1度他院の歯科医師や歯科衛生士にも参加していただき勉強会を開いています。

  • キッズスペース

    カーペット敷きのスペースがあります。おもちゃで遊んでお母さんを待っていてくださいね。

  • 駐車場

    19台のゆったりとした駐車スペースがあります。向かい合う車同士の間隔も一般的な5mではなく6mとしたので切返しにも余裕があり、女性や高齢者に優しい設計となっています。

設備紹介

院内の環境はすべて最新かつ安全な機器で整えられています。 診療室の天井には業務用の空気清浄機を2台埋め込んであり、空気中の微細な塵を集めています。また、各診療台には口腔外バキュームも備えており、治療中の飛沫や削りカスも強力に吸引し、診療室内をクリーンな状態に保つよう配慮しています。

滅菌・消毒は患者さんを感染から守ることだけではなく、唾液や血液で汚染された器具を取り扱う医院のスタッフも同じように守るためにも必要です。通常よりも広い滅菌・消毒室には、特に安全性を考慮した最新の大型機器を選びました。特にミーレ社(ドイツ)の自動器具洗浄機、ジェットウォッシャーは93℃の高温水で10分間洗うことで、ほぼすべての細菌を消毒することが可能となっています(家庭用の食洗機とは全く違います)。

自動器具洗浄機(ジェットウォッシャー : Miele)

【自動器具洗浄機(ジェットウォッシャー : Miele)】

使用後の器具は従来は手洗いをしていましたが、鋭利な器具を指に刺したりという事故につながる危険がありました。このミーレ・ジェットウォッシャーを導入したのはスタッフを無用な怪我から守るためです。

オートクレーブ(SUPER CLAVE HE330)

【オートクレーブ(SUPER CLAVE HE330)】

歯科で使われるのは珍しい、大型の高圧滅菌器です。主に診療用基本セットの滅菌に用いています。
手間ではありますが、きちんと滅菌できているかどうかをインジケーターにて毎回必ず確認しています。

オートクレーブ(KaVo STERImaster)

【オートクレーブ(KaVo STERImaster)】

とても便利な小型の滅菌器です。超短時間での滅菌が可能です。

歯科用CT(ヨシダ トロフィーパン・セレクト)

【歯科用CT(ヨシダ トロフィーパン・セレクト)】

これからの診断・治療において必要不可欠な先端機器である「歯科用CT」。
従来は主にインプラント治療の術前診査として用いるのが一般的でしたが、それだけではなく、いわゆる歯の根の先にできた病変を確認したり、抜歯予定の親知らずの位置を知るためなどにも用いています。
CTは2009年の移転時に導入しましたが、2013年10月、最新型に入れ替えました。

口腔外バキューム

歯を削る時には、歯の粉・金属片・唾液・血液など、目に見えないほど細かな粉塵が空気中に飛び散ります。 口腔外バキュームは、さまざまな細菌汚染物質をすばやく確実に捕集します。 当院では6台中5台の診療台に設置されています。

紫外線スリッパ殺菌機

患者さんのスリッパは紫外線殺菌に加え、アルコール消毒も行っています。

オフィスホワイトニング用照射器

オフィスホワイトニング用照射器

ホオフィスホワイトニング用の強力なLED照射器です。自宅で行うホームホワイトニングと違い歯科医院で処置をするため、その場で歯が白くなります。 天然の歯を削ったりかぶせたりすることなく白く美しい歯になりたいという希望をかなえるための有効なツールです

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザー

Panasonic製の歯科用レーザー。出血のほとんどない切開が可能です。

デンタルフォトフレーム

デンタルフォトフレーム

待合室の壁に掛けられた15インチのモニターに注目。医院の情報や被せ物の材料の違い、治療の説明などの画面がエンドレスで次々と流れています。

歯科用マイクロスコープ

歯科用マイクロスコープ

当院では、歯科用マイクロスコープとしてペントロンジャパン社製のプロスペクトコンパクトを導入しております。歯科診療におけるマイクロスコープの必要性を求める声も多くなり、今後マイクロスコープは根管治療、齲蝕治療、インプラント治療、審美歯科治療と幅広い臨床領域 で活用されていくことでしょう。当院で使用しているマイクロスコープは、ドイツ Schott社製のハイスペック、アポクロマティックレンズを採用しており、色 収差を低減した、にじみのない明るく鮮明な術野を視認することができるのが特徴です。拡大した視野での精密治療が必要な時に使用しています。

浄水器

浄水器

水道水をそのまま飲むのは少し不安と言う人が増えています。そのため、当院では浄水器を導入しております。塩素アレルギーやアトピー性皮膚炎の子供、生まれてすぐに花粉症に悩まされる赤ちゃんたち。 私たちを取り巻く環境は確実に変化しています。 このような時代に生きる私たちにとって、水との関わりを真剣に考える時代になったのではないでしょうか。 歯科医院でも毎日たくさんの水を消費します。それならば、よりきれいで、より安全性の高い水を使いたいですね。 きれいで優しい水を作る為に、自然の力「炭」をふんだんに使い、素晴らしいろ過を実現しました。診療所内全ての水をまかなうスーパー浄水、セレクティーシステムです。

このページの先頭へ